永遠のゼロ 感想 岡田准一 映画化 

数日前から読んでいた 百田尚樹さんの『永遠の0』 読み終わりました・・・。

もう・・・途中から・・・・号泣でした。


涙が溢れて止まらず・・・嗚咽しながら・・・ページをめくっていました・・・。

本を読んで、こんなに泣いたのは初めてです・・・。

登場人物たちの心情を思うと・・・胸がしめつけられました・・・。


悲しいけれど・・・温かな余韻が残る、とても、素晴らしい作品でした・・・。

この本に出会えて・・・良かった・・・。


もう一度、読み返します・・・。


子供達が、号泣している&泣き腫らしてひどい顔になっている私をみて

ひいてましたが・・・・。

もう少し大きくなったら、子供たちにも是非読んでもらいたい1冊。


V6の岡田准一くん主演で、今年12月に映画が公開されるようなので

絶対観に行きます!!


でも・・・映画館で号泣するだろうな・・・。



関連記事
ジャンル : 小説・文学